読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ

頑張らないで書けたらいいな

 考具 考えるための道具、持っていますか?

考具 考えるための道具、持っていますか?

  • イデアと企画は、 [WHAT]と[HOW]で成り立っている。大小は関係なく。「何を」「どうする」、ここまでをセットで考える習慣を持とう。
  • 「デザインはわがまま→思いやり」今、目の前にある課題に対して、あなた自身はどうしたいのか?これがすべてのアイデア・企画の出発点。
  • イデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない
  • 量が質を生む」→質を生むために必要な量ってどのくらいでしょう?→メモ50枚くらい
  • イデアは食材、企画は料理
  • イデアや企画につながる頭の使い方は、拡げて絞って、また拡げて絞る。拡げるときには奔放に。壁を無視。絞るときはシンプルに。絞っても面白さは生き残るはず。
  • 拡げてまとめて、の働き方をするときには、放射線状に働くらしい。普段の知的活動の基本となっているルールは直線的。例えば、ワープロ
  • 今あなたが集めたい情報とは何でしょうか?何を解決しなければいけなのでしょうか?それをまず頭に刻むこと。←当たり前だろって思うけど実践できてない
  • カラーバス
  • 5W1Hマンダラート
  • イデアを生み出すための要素の組み合わせ方、その基本パターン→オズボーンのチェックリスト
  •  私は○○○に考える人の○○を埋める。→朝会社に着くまでになぜかアイデアが10個見つかってしまう人
一言感想

 頭の働き方が放射状というのは興味深いです。オズボーンのチェックリストは活用していきたいですね。本書は説明が丁寧に書いてあるため、思考法?についてあまり詳しくない方でも問題なく読めると思います。

 (大学の図書館で目に留まって、読みやすそうだったので借りました。)

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

 

 

広告を非表示にする