読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ

頑張らないで書けたらいいな

 未来を発明するためにいまできること

 

 今回の読書メモはこちらの本。

 

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II

 

 

気になったところを箇条書き *所々要約してます*
  1. フレーミング(問題を捉えなおすこと)で視点を変える。(世の中を異なるフレームで見る。)フレームを取り外すには「なぜ」が武器になる。実際にあるいは頭の中で視点を変えてみること、ほかの人の立場に立ってみることも有効。
  2. 自然に結びつかないアイデアを結びつけることは、革新的な科学研究の特徴。点と点と結びつける能力を鍛えるには、刺激的な比喩を使うこと、類似性を見つけること、普段とは違う世界に触れること、既存のアイデアに積み上げていくこと、ありえない場所にヒントを探すこと、などがある。
  3. ブレーンストーミングのテーマ決めの際はフレームミングの議論を思い出す。想像力を働かせる余地があることが大切。ひと工夫がある問いかけ。ブレストを始める前に日常モードから切り替えるためにウォーミングアップがいる。実施時間は一時間程度。実施後、影響力の大きそうな案、すぐに実行できそうな案、費用対効果が高そうな案と投票できるチャンスがあるとよい。
  4. 世の中を新鮮な目で見ること、身の回りに「水」を見つけること、観察した結果を自分のものにすること、で観察力を磨く。的を絞った観察を行うことで、貴重な知識を得る。それが想像力の燃料になる。
  5. クリエイティブな空間が、クリエイティブな仕事につながるので、想像力が解放されるような物理的な空間の設計は大切。
  6. 創造性と制約の関係(図が良い)。リーン・スタートアップ。制約があればこそ、想像力は研ぎ澄まされ、イノベーションが生まれる。制約は緩めたり、きつくしたり、調整すべきもの。
  7. 自分や、一緒に暮らしたり働いたりする人たちの創造性を高めたいのであれば、イノベーションを促すようなルールや報酬を取り入れる必要がある。目的にあったインセンティブを備えた環境、創造性を評価するフィードバック、生活のあらゆる面がゲームだと理解すること。短期、長期の両面で、独創的な解決策に報いるルールを策定。
  8. イノベーションを促進する組織を築くとき、チームワークが成否を握る。異なる視点を持ち込む人、異なる仕事のスタイルを尊重できる人、対立を解消する人が必要。いいチームは適度な遊び心があって、ポジティブなフィードバックをしている(ロサダ比率)。あらゆる資源を使える環境を目指す。
  9. 実験は個人の思考様式と、集団の価値観に関係。個人としてはためらうことなく挑戦する姿勢が必要。組織の場合、個人の実験を支援し、期待どおりの結果を得られなくても、実験した個人を罰しないと伝えることが必要。「六色の考える帽子」。ジュリアンのチェックリスト。「ハッカソン」。70対20対10の法則。失敗した実験も、うまくいかない道を閉ざしてくれるという意味で貴重。
  10. 起業とは、パズルの組み立てではなくキルト制作のようなもの。すべてのピースが揃うのを待つのではなく、予期せぬ事態に対応し、手に入る資源を活用して価値を生み出そうとするのが起業家マインド。どんな言葉を使うかで姿勢が決まり、どんな姿勢でいるかで使う言葉が決まってくる。
  11. イノベーションエンジン(図が良い):知識は想像力の燃料。想像力は知識をアイデアに変える触媒。このプロセスは、資源、環境、文化など外的要因に左右される。姿勢は、イノベーションエンジンを動かす強力な起爆剤。

 

個人的にエモいと思ったところ

 

明確に指示され、知るべきことを教えられれば、自分で探ってみようとは思わなくなる。好奇心とは繊細なものなのだ。p180

 

「物を書く時は、お気に入りをボツにしなければならない」p184

 

「失敗はいつも側にいる同伴者であり、成功はたまに訪れる来訪者である」。p185

 
まとめ

 若いうちに知っておきたいこと、と言った感じですね。特にチームに加わる前には。後はここに書かれていることを活かせるかどうか!

広告を非表示にする